大切な家を安心してリフォームする為に

リフォーム工事で失敗しない為に
リフォーム業者選びから竣工まで安心出来るために

リフォーム工事の申し込みから完成まで

イメージ作り   情報収集
1:家族でよく話し合いましょう   2:雑誌やカタログ、ショールムを利用して調べてみましょう
どの部分をどんなふうに変えたいのか、家族それぞれのイメージがあるはずです。まずは予算を抜きにして全員の希望や不満点をピックアップ。それから優先順位をつけ、リフォームの目的をはっきりさせておくことが重要です。   雑誌やカタログから、どんなリフォーム例があるか、どんな機器やデザインがあるかなど、情報を集めます。ショールムへ行くのもお勧めします。実物を見てみたり、機能も体感することが出来、相談にのってもらえることもあります。

依頼先を検討
 
現場調査
3:数社をピックアップして気軽に相談を   4:現状の家の状態を確認してもらいましょう
依頼する会社は、専門業者、近隣の工務店、住宅設備会社など。「一声かけると断れなくなるのでは」と不安になりがちですが、現場調査から概算の見積もりを取るまでは無料のお店がほとんど。気軽に相談してみましょう。   事前に家に来てもらい、家の状態を把握してもらうと同時に、どんなリフォーム考えているのか規模やイメージ、予算などをできるだけ具体的に伝えます。傷み具合のチェックや実測もこのときに行ってもらいましょう。

ラフプラン&見積もり
 
プラン検討
5:おおまかなプラン、見積もりをチェック   6:納得いくまで、良く検討しましょう
伝えた要望をもとに、おおまかなプランと見積もりを出してもらいます。
金額だけではなく工事費用の内訳や使われる建材類もチエック。また、複数のお店に見積もりしてもらう場合は、相見積もりであることを伝えましょう。
  プランの内容が、打ち合わせどおりになっているか、追加や無駄な部分はないか、十分に検討しましよう。不満があれば、この段階で修正してもらう事が大切です。わからないことは遠慮せずに納得のいくまで説明してもらいましょう。

プラン決定&契約
 
着工と施工
7:プランが決定、契約書はよく読んで   8:工事中も自分の目で確認しましょう
プランが決定したらいよいよ契約です。
契約書はよく読んで、工期や費用、支払い方法などがすべて明記されていることを確認してから署名、捺印を。なた、各商品は、ショールームで実際の使い勝手や色などを確認したうえで決定することをお勧めします。
 

依頼先に任せきりにせず、できるだけ自分でも予定どおりに進んでいるか、指定した材料や機器が使われているかなどの確認を。また、工事中は危険ですし、作業のじゃまになりますので工事責任者に声をかけてからにしましょう。

完成と引渡し
 
アフターサービス
9:担当者立会いで確認を   10:不具合があればすぐに担当者へ
リフォーム工事終了。
プラン、見積もりどおりに仕上がっているかを担当者立会いのもと確認し、不具合があれば代金を支払う前に直してもらいます。図面や仕様書はしつかり保管を。家族の要望が反映された住まいで素敵な暮らしを楽しみましょう。
  引渡しの後、不具合な点が見つかったり、設備が故障してしまったら、すぐに依頼先の担当者に連絡を取りましょう。また、故障はなくても定期的なメンテナンスは必要。日頃のお手入れで大切な住まいをずっとかわいがってください。
Copyright(c) http://interiorplanner.biz